本学会研究例会

本学会関東研究例会


2018年度研究例会

(1)日時:2018年5月12日(土) 14時〜16時30分

(2)場所:日本大学文理学部社会学科学生研究実習室(本館4F)
      (京王線・下高井戸駅下車)

(3)報告者および報告題目

1)報告者 河合恭平氏(日本大学)

  題 目 「H・アーレントの社会学史上の意義
         ―行為・領域・社会的なもの―」

2)報告者 坂井愛理氏(東京大学大学院)

  題 目 「専門家‐患者間における知識の非対称性問題
         ―権限・責任の配分に注目して―」


研究例会終了後に懇親会を予定しております。
詳細は、当日お知らせいたします。